目標実現や習慣を変えるに役立つレイキ~気功のようなエネルギーをいただくやり方

こんにちは、レイキヒーラーのヒデです。

目標を実現したり、ある習慣をやめたいときに、多くの人は頑張ります。

しかし宇宙エネルギーを味方にするやり方もあります。

今回はそのレイキについて説明します。

1.レイキについて、レイキって何?

大正時代に臼井甕男先生によって創始され、

戦前は軍人や上流階級で流行ったハンドヒーリング・手当療法です。

戦後日本では下火になり、逆に海外に行った弟子が広めて

日本より欧米やインドなどで有名。

レイキを受けても日本では保険がききませんが、

海外では正式な治療とされて保険のきく国があります。

看護学校の科目になっている国もあります。

レイキは漢字では「靈氣」「霊気」と書きます。

「霊」とは「霊峰富士」「霊長類」のように

「神々しい」「もっともすぐれた」という意味です。

決して、幽霊とかそういう意味ではありません。

宇宙エネルギーを受信して、

それを自分または相手に送るヒーリングです。

誰でもレイキはできるようになりますが、

アチューンメントという

宇宙エネルギーを受信して送る回路を開くことが必要です。

気功と似ていますが、

気功は人間のエネルギーを相手に流すもので、

気功を行う人のエネルギーが減少します。

レイキは自然界のエネルギーを自分の身体を通して流すものなので、

無尽蔵で、レイキをする人のエネルギーは減少しません。

「エネルギーを流そう」という意志の力で行うものではありません。

自然体の時に流れます。

2.レイキのヒーリング効果~健康

身体の不調を和らげる効果があります。

「治療」ではありません。

完治は病院・医師の診断・治療を受けていただきたいのですが、

苦痛を和らげる・身体の免疫力を上げることができます。

私の妻が子宮筋腫の手術を受けた時に、レイキを行いました。

医師・看護師が言うには、

一般には痛み止めを投与されても、

痛さで手術当日は眠れないそうです。

しかし妻は朝までぐっすり眠れました。

レイキの効果だと思います。

私の母も腰や膝が痛い時がありました。

帰省した時にレイキを行いましたが、

自宅に戻ってからも遠隔ヒーリングを行いました。

レイキは遠隔でエネルギーを送ることもできます。

母が言うにはすっと痛みが消えたそうです。

妻の実家で勝っているワンちゃんは12歳のおばあちゃんですが、

心臓に障害があり、よく咳をしたそうです。

これも毎日遠隔を行うと、症状は安定して

ほとんど咳をしなくなったそうです。

3.レイキのヒーリング効果~心など

一般に健康に良いとされるレイキですが、

応用範囲は広いです。

①目標実現を近づける

目標を達成した状態をイメージして

(「こうなりたい」ではなく、「こうなった」をイメージ)

に宇宙エネルギーを送ります。

「恋人ができた」「眺めの良い家に住んでいる」

など実現しました。

②習慣を変える

割と多めに酒を飲んでいたので、禁酒と言わないまでも

飲む量を減らしたかったのです。

夕食時には炭酸水に切り替える工夫もしたうえで、

「酒は少しで満足できるようになった」

とのイメージにエネルギーを送り、

その通りになりました。

禁煙に成功する人もいます。

③怒りを和らげる

過去の出来事への怒りが残っていたので

「もうなんとも思ってないし平穏に過ごしている」

イメージをしてエネルギーを送りました。

思い出すことはあっても、

怒りが湧いてくることは無くなりました。

他にも、トラウマを和らげたり、アイデアを出したり。

各種スクールや教材があるので、

興味のある方は学んでみてはいかがでしょうか。