えっウソ!!北枕は健康にいい!?~方角は迷信ではないかも

北枕は縁起が悪いと言われます。

しかし北枕が健康によいです。

というのは…地球の磁力線は北南に流れています。

北枕にすることで、磁力線は頭から足までまっすぐ流れます。

私も東西南北すべての方角に枕を置いて寝てみました。

北枕が一番寝つきがよく、ぐっすり眠れました。

北枕が縁起が悪い、という迷信が出たのは、

釈迦が亡くなったときに北枕に寝せたそうです。

人が亡くなれば北枕にします。

それで北枕は死者の寝る方向となって縁起が悪いとなったようです。

しかし死者の復活・再生・よみがえりを願って、

身体によい北枕にしたとされます。

縄文人も寝るときは北枕だったという説もあります。

身体の声に忠実だったのでしょう。

私も当分北枕で寝ます。

北枕で寝るときは、

東に男、西に女

が横になるとよく眠れると聞きました。

試しにやってみると(私が東側、妻が西側)、

確かによく眠れます。

本では男女のエネルギーの向きが異なるので、

この配置にするとエネルギーの循環がよくなる・増幅されるようなのです。

疑ってやらないでいるより、

いろいろやってみると良いです。

北枕ではありませんが、

神社の社殿は南向き(北に鎮座して南を向いている)が多いです。

南向きなのは太陽信仰という説もあります。

磁力線の向きと関係があるのかもしれません。

もともと方角で吉凶を占うというのはあまり信じていませんでした。

風水(家相)です。

しかし理由を突き詰めていくと、なるほどと納得できます。

たとえば、

家の南側にトイレや台所はよくない、とされます。

日当たりがよく気温が上がるので、

トイレだと汚物(昔は汲み取りでした)や汚れが腐敗します。

台所だと食べ物が傷みやすくなります。

これだと南側がよくないというのは納得できます。

居場所は、日当たりがよい南向きがよい、というのもわかります。

太陽の光が降り注ぐ時間が長い国や地方の人たちは、

陽気な人が多いです。

イタリアやスペイン、南フランス、米国はカリフォルニアやフロリダ。

沖縄や岡山、静岡。

反対に日照時間が短い北方の人は、無口だったり堅実な人が多いです。

ドイツやイギリス、北欧、北フランス、米国はニューヨーク、五大湖。

東北や新潟。

太陽にあたる時間が長いと、

悩んだり鬱になるひとが少ないといいます。

ノイローゼの人は太陽にあたらない人が多いそうです。

太陽にあたると、ノイローゼが治る人が多いとの結果が出ています。

神道やレイキ(霊氣)でも太陽を拝む・太陽光を浴びるという作法があります。

太陽のパワーを取り込みます。

なるべく日当たりの良い場所を日常の場にするのが、開運になるようです。

昼間の日差しは、特に夏は強いので、朝日がよいです。